池田物産株式会社 - 化粧品原料検索データベース
検索用語を入力または選択し、「検索する」ボタンを押してください。
検索結果は画面下に一覧表示されます。 ヘルプ
商品名(索引検索) 50音 アルファベット
商品名(ワード検索)
化粧品表示名称
INCI Name
サプライヤー
商品分類
フリーワード
特殊ワード
条件をクリアする
並べ替え | 商品名(和名) : 昇順 降順 | 商品名(英文名) : 昇順 降順 | 化粧品表示名称 : 昇順 降順 | INCI Name : 昇順 降順
検索結果  21 - 40件 / 326件
  商品名
上段:和名
下段:英文名
化粧品表示名称 INCI Name 特徴・用途
詳細

V-トニック

V-TONIC

ハッカ葉油、レモン果皮油、イタリアイトスギ葉/実/茎油、ラバンデュラハイブリダ油、ラブダナム油 Mentha Arvensis Leaf Oil (and) Citrus Limon (Lemon) Peel Oil (and) Cupressus Sempervirens Leaf/Nut/Stem Oil (and) Lavandula Hybrida Oil (and) Cistus Ladaniferus Oil アロマセラピーの言葉を造ったGATTEFOSSÉの知見に基づいた精油の混合物。血行改善効果
詳細

べダカルム B

VEDACALM B

ゴマ種子油、メリアアザジラクタ種子油、ボスウェリアセラタ油 Sesamum Indicum (Sesame) Seed Oil (and) Melia Azadirachta Seed Oil (and) Boswellia Serrata Oil 3種の油から構成されたシナジーコンプレックス。抗炎症、鎮静、保湿作用
詳細

アクティシア MB

ACTICIRE MB

ホホバエステル、ヒマワリ種子ロウ、フサアカシア花ロウ、ポリグリセリン-3 Jojoba Esters (and) Helianthus Annuus (Sunflower) Seed Wax (and) Acacia Decurrens Flower Wax (and) Polyglycerin-3 皮膚形成力とベタつきの無い感触を併せ持つ100%植物由来ワックス。親油性、酸化安定性が高く、非水系処方での水溶性成分の添加を補助。優れた保湿力と皮膚のキメ改善効果。RSPO MB準拠
詳細

アスコルボシラン C

ASCORBOSILANE C

アスコルビルメチルシラノールペクチン Ascorbyl Methylsilanol Pectinate ビタミンCのケイ素誘導体。メラニン生成合成抑制効果
詳細

アセロラ シークレッツ

ACEROLA SECRETS

アセロラ果実エキス、マルトデキストリン Malpighia Glabra (Acerola) Fruit Extract (and) Maltodextrin ビタミンCを豊富に含有。抗フリーラジカル効果、保湿作用、皮膚弾力の保護作用
詳細

アップル シークレッツ

APPLE SECRETS

リンゴ果実エキス Pyrus Malus (Apple) Fruit Extract ポリフェノールの抗フリーラジカル効果、フルーツ酸によるピーリング作用、保湿作用
詳細

アピフィル CG

APIFIL CG

PEG-8ミツロウ PEG-8 Beeswax O/W乳化剤。強力な乳化力。親油性物質との相溶性に優れ、粘弾性が特徴。HLB(実測値):9.4
詳細

アマイゾルクリア

AMISOLCLEAR

リン脂質、ポリソルベート80、グリセリン、エタノール、水 Phospholipids (and) Polysorbate 80 (and) Glycerin (and)Alcohol (and) Water リン脂質配合の可溶化剤。水ベースの基剤に、少量のビタミンや油溶物質を溶かし込む際に最適
詳細

アマイゾルソフト

AMISOLSOFT

レシチン、ダイズステロール、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル Lecithin (and) Glycine Soja (Soybean) Sterols (and) Behenyl Alcohol (and) Glyceryl Stearate О/W乳化剤、ラメラ構造を構築し、高い保湿性を持つ処方が可能。安全性が高く、幅広い粘度を調整でき、耐塩性及び幅広いpH領域で安定。配合可能pH4~8、推奨配合量3~6%
詳細

アマイゾルトリオ

AMISOLTRIO

リン脂質、ダイズ油、ダイズステロール、糖脂質 Phospholipids (and) Glycine Soja (Soybean) Oil (and) Glycine Soja (Soybean) Sterols (and) Glycolipids 皮膜形成機能を持った脂質複合成分。過剰な洗浄により乾燥した肌や髪の水/油のバランスを回復し、皮膜形成により水分蒸散を防ぐ。乳白剤としても使用可。シャンプー、クレンジング、スキンケア、シャワージェルに最適。配合可能pH5~8、推奨配合量: トイレタリー 0.5~1.5%、スキンケア0.5~4%
詳細

アリスチン

ALISTIN

デカルボキシカルノシンHCl、BG、水 Decarboxy Carnosine HCL (and) Butylene Glycol (and) Water シュウドペプタイドのひとつ。過酸化脂質をアルコール体に変換し、無毒化する画期的原料。アンチグリケーション作用に加えて、AGE(アドバンストグリケーションエンドプロダクト)から脱糖作用を併せ持つ。(防腐剤:パラベン)
詳細

アリスチン P5

ALISTIN P5

デカルボキシカルノシンHCl、BG、水 Decarboxy Carnosine HCL (and) Butylene Glycol (and) Water シュウドペプタイドのひとつ。過酸化脂質をアルコール体に変換し、無毒化する画期的原料。アンチグリケーション作用に加えて、AGE(アドバンストグリケーションエンドプロダクト)から脱糖作用を併せ持つ。(防腐剤:フェノキシエタノール)
詳細

アルギシウム C

ALGISIUM C

マンヌロン酸メチルシラノール Methylsilanol Mannuronate 加齢(20代以降)により減少する生体内微量成分のケイ素の補給。皮膚を正常な状態に戻す。ケイ素の効果(保湿、再生、細胞賦活、抗シワ、脂肪分解、抗炎症、フリーラジカルの安定等)
詳細

アルギシル C

ARGISIL C

シラントリオールアルギネート Silanetriol Arginate 抗セルライト、アンチグリケーション効果を有し、ストレス下で分泌される微量の細胞間伝達物質NO(一酸化窒素)を調節し脂肪細胞からグリセロールと脂肪酸を排出させる。特にカフェインとの併用により3倍近い脂肪分解効果が得られる
詳細

アルバチン CB

ALBATIN CB

アミノエチルホスフィン酸、BG、水 Aminoethylphosphinic Acid (and) Butylene Glycol (and) Water メラニン生合成経路のチロシナーゼ活性阻害以外の副路に作用し、メラニン産生を相乗的に阻害。主剤と併用することにより大きなシナジー効果が得られる
詳細

アルフォルテ FA

ALforte FA

アルミナ、シリカ Alumina (and) Silica アルミナをシリカで均一に被覆した平均粒径約5μm、吸油量100mLの網目状の複合粉体。透明性と光拡散効果を両立したソフトフォーカス効果により小じわを目立たなくする。様々な粉体製品にも使用出来、特にスキンケア、クリーム等に好適
詳細

アンフィメティック H

ANPHIMETIC H

水添レシチン、(C12-16)アルコール、パルミチン酸 Hydrogenated Lecithin (and) C12-16 Alcohols (and) Palmitic Acid О/W乳化剤、ラメラ構造を構築するクリーム処方が可能。30%の油の配合が可能、高い安全性と保湿性を持つ。クリーム、バター系の処方に最適。配合可能pH5~7、推奨配合量3~6%
詳細

アンフィメティック S

ANPHIMETIC S

レシチン、(C12-16)アルコール、パルミチン酸 Lecithin (and) C12-16 Alcohols (and) Palmitic Acid О/W乳化剤、ラメラ構造を構築するクリーム処方が可能。30%の油の配合が可能。高い安全性と保湿性を持つ。ローション、クリーム系の処方に最適。配合可能pH5~7、推奨配合量3~6%
詳細

アークト アルグ P2

ARCT'ALG P2

トチャカエキス、水 Chondrus Crispus Extract (and) Water 紅藻抽出物。アンチエイジング、細胞賦活、スリミング、創傷治癒作用、保湿、抗シワ、抗炎症効果。天然のシトルリルアルギニンを持ち、皮膚低温曝露時のヒートショックプロテイン産生を調節し、細胞死を抑制
詳細

イクシーARL SC2

EXSY-ARL SC2

プロリンアミドエチルイミダゾール、BG、水 Prolinamidoethyl Imidazole (and) Butylene Glycol (and) Water シュウドペプタイドのひとつ。糖の酸化により生じるPolutionの主要因であるToxic-Aldehydeの産生を阻止。ケラチノサイト培養細胞にタバコの煙を10時間曝露させたin vitro実験で効果を確認
Copyright (c) IKEDA CORPORATION All rights reserved.